アシスタントスーパーバイザー/カスタマーサポート

先輩社員インタビュー 「怖がるのは踏み出してからだ」という大好きな言葉を胸に挑戦しています

2020年入社 知花 優

自分の言葉で人に情報を届けたい

これまでの経歴とChat Support Baseを選んだ理由を教えてください

「自分の言葉で人に情報を伝えること」に興味があり、高校・大学は放送部、卒業後は地元にあるFMコミュニティラジオ局に就職と、「放送」にこだわって進路選びをしていました。
ラジオ局で様々な職種の方と出会い、「ラジオは大好きだけど、もっと視野を広く持って仕事がしたい」と考えたことが転職のきっかけです。
Chat Support Baseを選んだ理由は、カスタマーサポートが言葉を使ってお客様に情報を届けられる職種なので、新しい視点で自分が頑張れると感じたこと。それから「今までにない最高のカスタマーエクスペリエンスを届ける」という言葉が強く印象に残ったからです。

 

現在のお仕事内容について教えて下さい

コミュニケーターとしてお客様対応と、アシスタントSV*(以下、ASV)という立場でマネジメント業務をしています。
ASVとしては、コミュニケーターからお客様対応の相談を受けたり、現場の声を聴き、業務環境をさらに良くすることができないかを考え提案したりしています。
また、通常業務以外にも機会があれば「情報セキュリティ教育チーム」や、入社検討者向けの「カジュアル面談」など新しいことにチャレンジしています。
「怖がるのは踏み出してからだ」という大好きな言葉を胸に、少しでも興味が持てることは「引き受けてから決めよう!」とまずは挑戦しています。

*アシスタントSV:アシスタントスーパーバイザーの略、メンバーの育成や現場のマネジメントを行う役割

 

これから挑戦してみたいことはありますか?

人に教えることが好きで、どうやったら上手く伝えられるか考えることも好きなので、新人研修に挑戦したいと思っています。
いままでの経験で培ってきた「人前で話す」スキルも今後活かしていきたいです。

*社内プレゼン大会へ挑戦し、最優秀賞を受賞!

 

その人の顔がぱっと晴れていくのが分かり、とても嬉しく感じます

成長を実感したポイントやエピソードについて教えて下さい

チャットは同じタイミングで複数のお客様を対応することがあります。コミュニケーターとしてデビューしたての頃は、チャットを2件同時対応することに苦手意識を持っていましたが、SV*に相談し、苦手克服のために努力した結果、3件同時対応もできるようになり成長を感じました。
また、ASVになり新人教育の一環で、私がチャットの複数件同時対応をしている最中の見学をしてもらったところ、「楽しそうに対応していますね!」と言われ、余裕が出ているなと成長を実感しました。

*SV:スーパーバイザーの略、メンバーの育成や現場のマネジメントを行う役割

 

現在の担当業務や会社のことで「大好きだ!」というところはありますか?仕事や会社にまつわる「大好き」を教えて下さい。

考えや目標についての相談や質問がしやすく、業務改善の提案ができる環境というのが会社の好きなところです。些細な悩みでも相談できるので、僕も困ったときはよく上司に話をきいてもらっています笑
業務では、お客様の困りごとを解決できたときに、画面の前で一緒に喜んでいます。
チャットは短いやり取りですが、お客様と距離が縮まり問題解決まで導けた際には、「神様に見えてきた…」などのお言葉をもらえたこともあります笑
ASVとしては、サポートで対応中のコミュニケーターからの質問に答えていると、その人の顔がぱっと晴れていくのが分かり、とても嬉しく感じます。

 

 

 

 

お客様の悩みを100%の解決へ導けたときにやりがいを感じる

仕事のやりがいは何ですか?

お客様の悩みを100%解決へ導けた時や、コミュニケーターから寄せられた疑問を一緒に考え、答えに辿りつけた時にやりがいを感じます。
悩んでいる人の気持ちがスッキリする瞬間に立ち会えると、「この仕事をやっていて良かったな」と思えます。

 

あなたの楽しく働くコツは何ですか?

1つ目に、メリハリをつけること。お昼ご飯は外やリフレッシュルームで食べる、休みの日はしっかり休むなどです。仕事はすごく大切ですが、それだけに集中するとしんどくなってしまいます。きちんと休息をとることで、新たに自分の中で仕事への熱意を燃やし、新鮮な気持ちで業務に着手できます。
2つ目に、良いと思ったら「良い」と言うこと。コミュニケーターが素敵な対応をしている時はもちろん、自分のアイディアや考え方が良い方向に進んでいる時や、お客様の相談が解決するたびに「良い」と言葉にします。プラスの言葉は言うだけで自分を支えてくれるので、簡単だけど効果のある方法だと思っています。

 

 

「人に寄り添いながら課題と向き合う文化」が根付いた会社にしていきたい

Chat Support Baseをどのような会社にしていきたいですか?

お客様はもちろんのこと、先輩後輩・上司部下の垣根を越えて、人に寄り添いながら課題と向き合う文化が根付いた会社にしていきたいです。
Chat Support Baseのメンバーは仲が良いところが特色だと思っています。このスタイルを活かしつつ、新たな仲間が増える際に不安が少しでも和らぐような環境づくりをしていきたいです。
ASVとしてマネジメント業務を担う中で、相談窓口となる場面も多いので、いままで培ってきたスキルを活かして、目標を達成できればと思います。

※所属等は取材時点のものです

入社を検討されている方に一言

僕はカスタマーサポート職に関して、全くの素人状態で入社しました。
興味はあっても不安が大きい人もいると思いますが、まずは1歩踏み出してみましょう!
全力でサポートさせていただきます!

熱い想いで次世代の
カスタマーエクスペリエンスを
創っていきませんか?

エントリーする
(募集職種へ)