スーパーバイザー/カスタマーサポート

先輩社員インタビュー 一人ひとりの力を引き出せる組織を創りたい

2019年入社 山城 誠雄

理想を実現するためにChat Support Baseへ

これまでの経歴とChat Support Baseを選んだ理由教えてください

私は高校卒業から3年ほど、エレベーターや空調の保守点検・設置などを行う仕事をしていました。その仕事の中で、お客様とお話しをする機会があり、会話を重ねることにより信頼関係が深まったり、本音を言い合えるようになりました。この経験から、人とのコミュニケーションを仕事にしたいと思い、カスタマーサポートの世界に飛び込みました。 そこから、約9年間、お客様対応を行うメンバーや窓口を管理する、SV*などを経験しました。 近年、カスタマーサポート業界では、チャット等のテキストメッセージが注目されており、自分自身がこれからのカスタマーサポートを創っていく一員になりたいと思い、理想を実現するためにChat Support Baseに入社しました。

*SV:スーパーバイザーの略、メンバーの育成や現場のマネジメントを行う役割

 

現在のお仕事内容について教えて下さい

現在は、チャットサポートチームのSVを任されています。 設立間もないこともあり、メンバーの育成から数値管理、現場の運営管理まで多岐にわたる仕事を任せてもらってます。 その中で最も大切にしている仕事は、メンバーからのエスカレーションに応えることです。 役割上、私が直接お客様対応をする機会は少ない分、メンバーからのエスカレーションに適切に応えることにより、お客様のお困り事が解決できるよう心がけてます。

 

 

仕事にはやるべき意味や理由が必ずある

仕事のやりがいは何ですか?

役職が上がるほどお客様との接点が少なくなってくるので、自分が研修したり、サポートしたメンバーがお客様から「ありがとう」の言葉をもらったり、成果をあげることが自分のやりがいです。 また、この仕事に携わることにより、チャットボットの仕組みや、自分が普段利用しているサービスを作る現場を知ることができたのが嬉しかったです。

 

あなたの楽しく働くコツは何ですか?

楽しく働くためのコツは、仕事の目的を常に考えることです。 どのような仕事にもやる意義や理由が必ずあります。それらを忘れてしまったらただの作業になってしまいます。 目的が何か、考えを巡らせることで、毎日の仕事の中に新たな発見が生まれます。 プライベートでも同じで、考えて経験したことは、仕事に活きたりするし、逆に仕事で経験したことを趣味に繋げたりすることで、よい結果が生まれることがあり、そんな時に考える楽しさを感じます。

 

 

一人ひとりの力を引き出せる組織を創りたい

Chat Support Baseをどのような会社にしていきたいですか?

Chat Support Baseのミッションである「お客様の課題を解決し、今までにない最高のカスタマーエクスペリエンスを届ける」には、一人ひとりが考え、挑戦できる環境を作っていくことが必要だと考えてます。メンバーそれぞれに個性や想いがあり、既存業務に囚われることなく一人ひとりの力を引き出すことでミッションを実現できる組織を創っていきたいです!

入社を検討されている方に一言

Chat Support Baseには、様々な個性が集まり、それぞれの強みを活かすことにより、みんなで最高のカスタマーエクスペリエンスの提供を目指しています。

あなたの個性をChat Support Baseで活かしてみませんか!

熱い想いで次世代の
カスタマーエクスペリエンスを
創っていきませんか?

エントリーする
(募集職種へ)