スーパーバイザー/カスタマーサポート

先輩社員インタビュー ポジティブなことはしっかり言葉に表現するのがコツだと思います

2019年入社 川畑 智華

沖縄でベンチャー企業を立ち上げる

これまでの経歴とChat Support Baseを選んだ理由教えてください

大学卒業後、埼玉県で建築用足場のメーカーに総合職として3年半勤務。営業の楽しさを知り、今度は事務職にチャレンジしたいと思い沖縄に帰省。インターネット広告設定・代理店営業の2つの業務に従事しました。前会社でIT業界のポテンシャルや奥深さを知り、「沖縄でベンチャー企業を立ち上げる」というChat Support Baseの求人を見てぜひ一緒にやってみたい!と思い選択いたしました。

 

現在のお仕事内容について教えて下さい

現在はSV*としてマネジメント職に従事しています。チームを持っており、メンバーのコンディションや対応力のアップに繋がるような取り組み&メンバーが対応に困ったときには走って駆けつけて対応のサポートをしております。 その他にも、会社をもっとより良くするにはという視点でのプロジェクトを実行したり、クライアントとやりとりを行ったりなど、いろんなことに挑戦してます。

*SV:スーパーバイザーの略、メンバーの育成や現場のマネジメントを行う役割

 

 

SVのやりがいはメンバーの成長

仕事のやりがいは何ですか?

2つありますが、「お客様から嬉しいお言葉をいただいたとき」と「メンバーが育っているのを実感したとき」になります。 自分が対応している際でも、メンバーが対応している際でもお客様から「助かったよ!」「お問い合わせしてよかった」などのお言葉を頂いたときは本当に嬉しい気持ちになります。いまめちゃめちゃ良い対応したな~!とやりがいを感じています。また、「メンバーが育っているのを実感したとき」というのは対応が難しい案件や案内が複雑な案件を、チームメンバーがとても良い対応を行っているときなど成長を実感してやっていてよかったな~と思います!

 

あなたの楽しく働くコツは何ですか?

仕事をしていて幸せや喜びを感じたときに「いま良かった!」とか「嬉しい!」だったり言葉に出すようにしています。実際に思っていることも、言葉に出すことで他のメンバーの良い反応をもらえて相乗効果でもっと嬉しくなります。 仕事は「生きていく上でしなくちゃいけないこと」ではありますが、自分自身の受け取り方や考え方一つでとても楽しいし面白いものになると思いますので、ポジティブなことはしっかり言葉に表現するのがコツだと思います。

 

 

カスタマーサポートのナンバーワン企業になる

Chat Support Baseをどのような会社にしていきたいですか?

「沖縄のカスタマサポートですごい会社があるらしいぞ!」と話題になるような会社になると良いなと思っております。沖縄で育まれたホスピタリティあふれる対応をお客様にぜひ体感いただき、「問い合わせてよかったな~」という気持ちになっていただきたいです。 そのために、いろいろなサービスでChat Support Baseが活躍できるように大きくしたいなと思います!ゆくゆくは、他の会社様へのレクチャなども行えるような「カスタマサポートのナンバーワン企業」になりたいと思ってます!

入社を検討されている方に一言

会社の未来を一緒に創っていく仲間を募集してます。
Chat Support Baseはまだまだ発展途上のベンチャー企業です。

私たちと一緒に「すごい」と話題になる会社を創っていきましょう!

熱い想いで次世代の
カスタマーエクスペリエンスを
創っていきませんか?

エントリーする
(募集職種へ)